スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

白ゆき姫殺人事件

湊かなえの白ゆき姫殺人事件、読みました。
まあああああああ気分が悪い!!!!

お腹の中にヘドロがどろどろと溜まる感じの胸糞の悪さ。
しんしんと雪のように腹に積もってはどろどろと重く溜まっていくという
読み終わった後の爽快感の無さったら。
湊かなえの後味の悪さ好きなんですが、こういう感じの気持ち悪さか…!!って感心しました。

面白かったです。
でもこれは多分読み返さない。


以下ネタバレ含む感想

» read more...
スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [感想] | 2017.06.17(Sat) PageTop

KING OF PRISM -PRIDE the HERO-


キンプラ見てきました。
泣いたし笑ったし笑い泣きしました。最高of最高。
1クールアニメを見たかのような密度の濃さ、
しかしテンポ良くまとめられていて見ていて爽快でした。

前作より一人一人のキャラにもスポットが当たっていて、
キャラの掘り下げもあり、ますます作品やキャラクターに対して
愛情が増す作品だったなーって思いました。


もし叶うなら、是非続きが見たいです。
まだまだずっと彼らの青春を追い続けたい…。
プライベートの都合で何回行けるかは分かりませんが、
また応援上演などで何度も足を運びたいなと思いました。




ネタバレ感想というか以下メモ

» read more...
Trackback [0] | Comment [0] | Category [感想] | 2017.06.11(Sun) PageTop

この闇と光


を少し前に読んでいたんですが、
ツイッターにだけ投稿してちゃんと感想残しておくの忘れてたので
今更でうろ覚えではありますが読書メモ。
著者:服部まゆみ。

» read more...
Trackback [0] | Comment [0] | Category [感想] | 2017.06.03(Sat) PageTop

そして誰もいなくなった

何か本を読みたいなーと思った時に、たまたまアガサ・クリスティーの名前を目にしたので
有名タイトルの「そして誰もいなくなった」に手を出してみました。
タイトルだけは耳にした事があったんですが、
洋書って人物名がなかなか覚えられないのでどうも手を出しづらくて…。
いい機会だ、と思って読んでみたんですが、いやあ得るものは沢山ありました。


内容は正にミステリの原点、って感じ。
小学生の頃、金田一少年の事件簿の小説をよく読んでいたのですが
それを読んでいた時と同じ気持ちだなーってなつかしい気持ちに。


オマージュ、パロディ、または影響を受けたと言われる作品を見過ぎて新鮮さは無かったけど、
それでも引き込まれたし読了後の爽快感は気持ち良い。
これは自分の引き出しを増やすという意味でも読んで損無かったなー



以下ネタバレ感想。

» read more...
Trackback [0] | Comment [0] | Category [感想] | 2017.06.03(Sat) PageTop

Retro G-Style

本当にとっても今更で大変恐縮なのですが、
Retro G-StyleのMASAYAさんが亡くなられていたという事を先日知りました。
RGSは学生時代本当に好きで、CDも全て買い集めて聞き込んでいました。
「今も音楽に携わっているのかな?」という軽い気持ちで検索した結果だったので、ショックも大きく。
こうやって、改めて彼らの事をブログに記事を書こうと思った次第です。

埋もれてしまうにはあまりに惜しい、素晴らしい音楽を作っていた人達です。
こうして文字にする事で、少しでもそんな彼らの軌跡を残せたら良いな。




私がRGSを知った切っ掛けは、ベイブレード2002のエンディングテーマになっていた事でした。
普段はラップやDJやそういった類の音楽を聞かない私でしたが、
感覚として「良い歌だな」と心に響くものがあり、
一体他にはどんな曲を歌っているんだろう?とCDを集めはじめたところ見事にどハマりしました。


MASAYAさんの甘い声、IGORの低く響くラップ、SEGAのキレの良いDJ、
全てが絶妙なバランスで成り立っていて、
何度聞いてもその度に新しい発見があるような、RGSはその奥深さに音楽の面白さを教えてくれました。
1回目は全体を、その後は各自一人一人のパートを聞き込む…といった聞き方をしていたのですが、
何回聞いても飽きないんですよね。

私は普段つい歌詞ばかり重視してしまうんですが、RGSは感覚に訴えかけてくるというか。
メロディの重なりの面白さ、
言葉や語感の気持ちよさ、
聞いていて「すっ」と染みるというか、感覚で楽しめるんです。
純粋に音楽が楽しい、気持ちいいと思える。
歌詞も勿論素敵です。
メロディと歌詞と、全ての調和が心地いい。


一番鳥肌が立ったのは、ミニアルバム「Party 3」の中に収録されていた
What's the answer? ~Midnight Recollection Mix~を聞いた時でした。
今でもその衝撃を覚えています。
全く同じ歌で、こんな別物のアレンジが出来るのかと。痺れました。
この記事を書きながら改めて聞き直していますが、やっぱりかっこいいですね。
何年経っても褪せない。

好きな曲が多くて選びきれないです。
Deep CoverやHeavenのような少しヘビーな曲調のものもめちゃくちゃかっこいいし、
STARやSo many tearsの優しく切ない感じも、
LIFELIGHTSの光が突き抜けるような真っ直ぐさも、
本当どの曲も甲乙つけられないぐらい良いんですよ;;


こんな素晴らしいRGSなのに、世の中での認知度が低いのが正直解せません。
これは個人的な見解ですが、当時所属していたエイベックスが
コピーコントロールCDを導入していた時期と被っていた事が一番の要因じゃないかなぁ…と思っています。
タイアップも多く、決して世間の耳に入る機会は少なくはなかったと思います。
CCCDが無ければ、今の時代に音楽を世に出していたのなら、もう少し結果は違ったかもしれません。
IFの話はしても意味がありませんが、ときどきぼんやりとそんな事を考えてしまいます。


少しでも多くの人に、知ってもらいたい。
誰かがRGSに触れるきっかけになって欲しい。
彼らが生きて残した証が、どうか沢山の人に届きますように。
そんな気持ちで、いっぱいです。





最後に

MASAYAさん。
あなたが作り上げたメロディを、歌詞を、私は噛みしめながらこれからも生きていきます。
あなたは私の青春でした。そしてこれからも。

今までありがとう。そして、これからもよろしくおねがいします。
RGSは、ずっとずっと大好きなアーティストです。
素晴らしい音楽をありがとう。大好きです。



また少しずつ、どこかでRGSに関しては触れていけたら良いなぁと思います。
一生大切に聞き続けていきます。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [感想] | 2017.04.08(Sat) PageTop


 プロフィール

山岡

Author:山岡
FC2ブログへようこそ!

 リンク
 ついったー
 最新コメント
 カテゴリ
 月別アーカイブ
 検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。